よくある質問を以下にまとめました。今後も随時更新していく予定です。

操作について

以下のいずれかの方法で解決するかご確認ください。

①Outlookを再起動する
Outlookのメインメニューより「ファイル」⇒「終了」した上で再度Outlookの起動を行なってください。

②「COMアドインの設定」を変更する
Outlookの [ファイル]メニュー⇒[オプション]⇒[アドイン]⇒「設定」ボタンを押してください。以下のようなダイアログが表示されます。

ここで、「BMail」のチェックがOFFになっていた場合は、ONにした上で再起動してください。ONになっていた場合もいったんOFFにしてダイアログを閉じ、再度ダイアログにてONにした上でOutlookを再起動してください。また、それでも解決しない場合、他のアドインを無効にし、解決するかご確認ください。

アドインが無効になった可能性があります。何らかの理由でOutlookの起動が遅かった場合に以下の画面が出る場合があります。このとき、「このアドインを無効にする」ボタンを押すとBMailが無効となってしまいます。

もし無効にしてしまった場合は、Outlookの「ファイル」メニューに中にある「無効になったCOMアドインの表示」より再度BMailを有効にしてください。

はい。Outlookの[アドイン]タブ>[設定]>[メール]タブより可能です。

Outlookの[アドイン]タブ>[設定]>[メール]タブより「PASSWORD」の部分を削除することで送らないようにできます。
また、Ver.1.1からは設定で伏せることもできるようになりました。詳しくはこちらをご覧ください。

アップロードしたOneDrieアカウント自身でダウンロードURLにアクセスしているためと思われます。その場合はOneDriveの仕様としてパスワードなしでダウンロード可能です。
上記に該当する場合はOneDriveのWebサイト上でログアウトの上、ダウンロードURLをクリックすることでパスワード画面が正常に表示されることをご確認ください。

多くのファイルを同時にアップロードするとOneDriveのリクエスト制限で一定時間送れなくなる問題が発生するため、
現状は3つ以上添付した場合は必ず上記オプションがONとなります。(Zipで1ファイルにまとめてアップロードする仕様となっています。)
もしZip形式でお送りしたくない場合はお手数ですが、2ファイル以下にしてお送りください。

以下のいずれかの方法で取得できます。
①既定では「C:\SendData」というフォルダにアップロードしたファイルのコピーが入っていますのでそちらより取得できます。
②Outlookの[アドイン]メニュー>[履歴]より対象ファイルのURLをクリックしてダウンロードすることもできます。

エラーが出る

以下のいずれかに該当しないかご確認ください。

①1度もアップロードがうまくいっていない場合
初期設定が正常にできていない可能性があります。「初期設定(OneDrive連携の設定)」の欄をご確認ください。

②PRO版にて「ダウンロードパスワード」または「ダウンロード有効期限」を設定した場合のみ当エラーが発生する場合
OneDrive for Businessの契約をしていない(無償版のOneDriveを利用している)ためと思われます。この場合、ダウンロードパスワードおよび有効期限の機能 はご利用いただけませんのでご了承ください。また、契約しているにもかかわらずエラーとなる場合は、サインイン時のアカウントを誤っている可能性がありますので、OneDrive for Businessに紐づくアカウントでサインインの上、エラーが出ないか確認ください。

③上記いずれにも該当しない場合
OneDriveの契約のストレージ容量をオーバーした可能性がありますので、OneDriveにログインの上、容量をご確認ください。

上記いずれの方法でも解決しない場合は調査しますので、お問い合わせフォームよりお問いあわせください。

OneDriveのアカウントが企業アカウント(組織アカウント)かつ、管理者アカウントでアクセス許可の設定をしていない場合に発生します。
インストール手順に記載の「企業のOneDriveアカウントで使う場合」の記載の内容を、企業内で管理者アカウントをお持ちの方に依頼してください。

本パスワードの設定機能はOneDrive for Businessの機能を使っているため、OneDrive for Businessのアカウントでサインインした場合のみご利用可能となります。
詳しくは使い方にある「パスワードを設定してメールを送信時にエラーが出る場合」の欄をご確認ください。

短時間の間に連続で複数のファイルのアップロードを繰り返した場合、
または履歴画面で連続で複数のファイルを削除した場合にOneDrive側のリクエスト制限によりエラーが出る場合があります。
その場合はしばらく10分程度お待ちの上、再度実施してください。

また、上記に該当しない場合は大容量のファイルをお送りしているためにタイムエラーになっている可能性もあります。
その場合は、Outlookの[アドイン]タブ>[設定]>[接続]タブにある「リクエストのタイムアウト設定」の時間を伸ばすことで
回避できるかご確認ください。(既定では60秒となります。)

PRO版について

1ライセンスにつき1つのクライアントPCで利用できます。(台数の制限のみとなり、人数の制限はありません。)
仮想マシンで使う場合は、OS単位に必要となります。詳しくはライセンス規約をご確認ください。

今後以下のいずれかでバージョンアップを行いますが、そのうち①②は無償、③は原則有償(別途ライセンス購入が必要)となります。

①リビジョンアップ…不具合修正(例:Ver.1.0.0→Ver.1.0.1)…不具合修正
②マイナーバージョンアップ(例:Ver.1.0.0→Ver.1.1.0)  …細かな機能追加や機能改善
③メジャーバージョンアップ(例:Ver.1.0.0→Ver.2.0.0)  …大幅な機能追加(例:他のクラウドストレージにも対応など)

ただし、作者が判断する場合は③の場合も無償(現行のライセンスキーで利用可能)とする場合もあります。
都度判断させていただきます。

PRO版についてのページにあるPayPalのリンクより可能です。
PayPalでアカウントを作っていただくか、クレジットカード、デビットカードでお支払い可能です。

Outlookの[アドイン]タブ>[バージョン情報]>[PRO版へアップグレード]ボタンよりライセンスキーを登録してください。

はい。登録済のPCのOutlookの[アドイン]タブ>[バージョン情報]>[ライセンスの確認]ボタン>[登録解除]ボタンよりライセンス登録を削除後、新しいPCで再登録してください。