BMailのインストールおよび、初期設定の手順をご説明します。

また、BMailのインストール前はソフトウェア使用規約をご確認の上、同意いただける場合のみインストールしてください。

ランタイムのインストール

まず、「Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime」をインストールします。これはOfficeのアドインソフトを動作させるためのランタイムです。https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=48217よりVisual Studio 2010 Tools for Office Runtimeをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行します。はじめにライセンスの使用許諾書画面が表示されます。内容ご確認の上、「I have read and accept the licence terms」をチェックし、「Install」ボタンを押します。

インストールが開始されます。以下の画面が表示されれば完了です。「Finish」ボタンを押し、インストーラを終了させてください。

BMail本体のインストール

同梱の「setup.exe」を実行します。BMailのインストーラが起動します。以下の画面が表示されますので、「インストール」ボタンを押してください。

以下の画面が表示されればインストール完了です。「閉じる」を押してインストーラを終了してください。

インストール後は、Outllookを起動し、上部のメインメニューに「アドイン」というメニューが追加されているか確認してください。また、「アドイン」メニューを押した後、以下の通りBMailのメニューが追加されていればインストールは成功です。次の「初期設定」へお進みください。

初期設定(OneDrive連携の設定)

また、OneDriveとの連携するためにAzure Portalにてアプリケーションの登録が必要となります。
Azure Portal(https://portal.azure.com/)のサイトにアクセスします。以下のようなサインイン画面が表示されますのでMicrosoftアカウントでサインインしてください。(もしMicrosoftアカウントをお持ちでない場合は「作成」のリンクよりMicrosoftアカウントを新規作成してください。)
※企業(組織アカウント)のOneDriveをご利用する場合は本手順の途中でMicrosoft 365の管理者権限を持つユーザーに同意をいただく必要があります。(詳細は「企業のOneDriveアカウントで使う場合」をご覧ください。)個人のOneDriveアカウントでご利用する場合は管理者の同意作業は必要ありません。(ただし、個人のOneDriveの場合は一部機能制限があります。)

以下の画面が表示されますので「アプリの登録」をクリックします。
※もし「アプリの登録」が見つからない場合は上部の検索ボックスで「アプリの登録」で検索してください。

以下の画面が表示されます。続けて、「アプリケーションの登録」をクリックします。

アプリケーション名に「BMail」と入力します。また、サポートされているアカウントの種類で「任意の組織ディレクトリ内のアカウント(任意のAzure ADディレクトリ・マルチテナント)と個人のMicrosoftアカウント(Skype,Xboxなど)」を選択し、「登録」ボタンをクリックします。

左側の「認証」メニューをクリックします。プラットフォーム構成の設定画面が表示されますので、「プラットフォームを追加」をクリックします。続けて、「モバイルアプリケーションとデスクトップアプリケーション」をクリックします。

「カスタムリダイレクトURI」」という箇所に「urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob 」と入力し、「構成」ボタンをクリックします。

「APIのアクセス許可」メニューをクリックします。アクセス許可の画面が表示されますので、「アクセス許可の追加」をクリックします。右側にメニューが表示されますので、少し下にスクロールした箇所にある「Microsoft Graph」をクリックします。

続けて、「委任されたアクセス許可」をクリックします。下にアクセス許可項目が表示されますので以下の5つの項目をチェックONにした上、「アクセス許可の追加」ボタンをクリックします。

  • offline_access
  • openid
  • profile
  • Directory.ReadWrite.All ※下にスクロールしたところにある、「Directory」のサブメニューの中にあります
  • Files.ReadWrite     ※下にスクロールしたところにある、「Files」のサブメニューの中にあります

<企業のOneDriveアカウントで使う場合>
企業のOneDriveアカウントでご利用の場合はさらに以下の①~④の作業を実施してください。当作業は企業ドメインの管理者アカウントで実施いただく必要があります。(自身が管理者アカウントをお持ち出ない場合は、お持ちの方に以下の作業を依頼してください。)
個人のOneDriveアカウントでご利用の場合は下記①~④の手順はスキップしていただいて構いません。

①Azure Portal(https://portal.azure.com/)のサイトに企業ドメインの管理者アカウントでサインイン後、「エンタープライズアプリケーション」をクリックします。※もし「アプリの登録」が見つからない場合は上部の検索ボックスで「エンタープライズアプリケーション」で検索してください。

②左の「すべてのアプリケーション(プレビュー)」メニューをクリックします。右側にアプリケーション一覧が表示されますのでその中にある「BMail」をクリックします。

③左の「アクセス許可」メニューをクリックします。右側に「◯◯に管理者の同意を与えます」というボタンが表示されますので(◯◯は企業のドメイン  名が入ります)、こちらをクリックします。

④以下の画面が表示されますので「承諾」をクリックします。以上で管理者アカウントでの作業は完了です。

以上でOne Drive 連携の設定は完了です。「概要」メニューをクリックし、表示される「アプリケーション(クライアント)ID」の箇所をコピーします。
(IDの右側にあるクリップボードのアイコンをクリックすることでコピーができます。)

企業のMicrosoftアカウントでアプリケーションを登録した場合は、このアプリケーション(クライアント)IDを社員に共有してください。(企業で複数の社員が利用する場合もアプリの登録は、1度のみで問題ありません。)

Outlookを起動し、「アドイン」メニューにある「設定」をクリックします。

「接続」タブにある「アプリケーションID」の箇所に先ほどコピーしたIDを貼り付けてください。続けて、設定がきちんとできているかテストを行います。「接続テスト」をクリックしてください。

サインイン画面が表示されますので、Microsoftアカウントでログインしてください。

もしエラーが表示され、サインイン画面が表示されない場合は、アプリケーションの設定に誤りがありますので、Azure Portalに戻り、アプリケーションの登録手順に誤りがないか見直してください。

「接続に成功しました」と表示されれば、初期設定は完了です。「OK」ボタンを押して設定を保存してください。

以上でインストールおよび初期設定は完了です。