サイタマン(以下「甲」という。)とお客様(以下「乙」という。)は、許諾の対象となるソフトウェア(以下「本ソフトウェア」という。)について以下のとおり許諾する。
本使用許諾は本ソフトウェアをインストールした時点で同意したものとみなす。

第1条(対象ソフトウェア)
 1.本ソフトウェアとは、本契約書に同梱されたプログラムとする。また本ソフトウェアには、本契約期間中に甲が乙に提供する更新版及びバージョンアップ版が含まれる。
 2.本ソフトウェアの仕様、稼働環境、その他本ソフトウェアの詳細は、同梱の「BMail ユーザーガイド」(以下「マニュアル」という。)に定めるとおりとする。

第2条(使用権)
 1.甲は、本契約記載の条件に従い、乙が甲または本ソフトウェアをマニュアル記載の動作環境を満たす端末にインストールして使用する権利を許諾する。
 2.PRO版ライセンスの使用範囲については以下の通りとする。
  (1) 1つのライセンスキーにあたり1つのコンピュータに登録し、利用することができる。
  (2) 仮想マシンにインストールし複数のOS上で使用する場合は、当該OS単位にライセンスキーが必要となる。
  (3) ライセンス購入後、マイナーバージョンアップ(例:Ver.1.0.0⇒Ver.1.1.0)またはリビジョンアップ(例:Ver.1.0.0⇒Ver.1.0.1)を行った場合は、同ライセンスで引き続き利用できるものとする。
  (4) ライセンス購入後、メジャーバージョンアップ(例:Ver.1.0.0⇒Ver.2.0.0)を行った場合は、購入済のライセンスでは利用できず、別途ライセンス購入が必要なものとする。
    ただし、甲がメジャーバージョンアップのリリース日以前に購入したライセンスにてメジャーバージョンアップ版の利用を認める場合はこの限りではない。
 3.乙は、本ソフトウェアの使用を日本国内に限るものとし、乙は、本ソフトウェアを国外に持ち出さないものとする。

第3条(権利の帰属)
 本ソフトウェアに関する著作権、特許、商標、ノウハウおよびその他のすべての知的財産権は、甲に帰属する。

第4条(秘密保持)
 1.甲及び乙は、本契約の履行に関して相手方から秘密である旨を表示して開示された技術上、営業上、又は業務上の情報(以下「秘密情報」という。)について、
善良なる管理者の注意をもってその秘密を保持するものとし、本契約の目的外に使用せず、機密情報を第三者に開示してはならないものとする。
 2.前項にかかわらず、次の情報は秘密情報に含まれないものとする。
  (1) 既に公知のもの又は自己の責に帰すことのできない事由により公知となったもの
  (2) 相手方から開示を受けた時点で既に保有しているもの
  (3) 守秘義務を負うことなく第三者から正当に入手したもの
  (4) 相手方から書面により開示を承諾されたもの
 3.本条の機密保持義務は、本契約が終了した後も存続するものとする。

第5条(禁止事項)
 1.乙は、次の各号に定める行為を行わない。
   (1)本契約に定める目的以外の目的で本ソフトウェアをインストールし、又は使用すること。
   (2)本ソフトウェアの使用権を第三者に貸与、譲渡、リース、レンタル、サブライセンスすること。
   (3)本ソフトウェアを複製し、改変し、ネットワーク上で配信し、若しくは他の著作権法上の行為を行い、又は逆アセンブル若しくは逆コンパイル、又は他の方法のリバースエンジニアリングを行うこと。

第6条(損害賠償)
 乙は、本契約に違反し甲に損害を与えた場合、これにより生じた損害について賠償責任を負うものとする。

第7条(責任の制限)
 甲は、乙に対して、本ソフトウェアについて、誤り、動作不良、エラー若しくは他の不具合が生じないこと、
 第三者の権利を侵害しないこと、商品性、乙若しくは第三者の特定の目的への適合性、又は本契約に明示的定めのない他の事項について、何らの保証もしない。
 また甲は、乙が本ソフトウェアを使用した結果又は使用できなかったことによる結果について一切責任を負わないものとする。

第8条(契約解除)
 乙につき下記の事由が発生したときは、甲は乙に対し、催告を要せず本契約を解除することができる。
  (1) 本契約の違反があったとき
  (2) 使用料を期限に支払わないとき
  (3) 破産、特別清算、会社更生、民事再生の申立のあったとき、又は支払停止があったとき
  (4) 本ソフトウェアに関する甲の著作権その他の権利を侵害し、又は甲への権利の帰属を争ったとき

第9条(準拠法)
 本契約は日本国の法律に準拠する。本契約に起因する紛争の解決については、東京地方裁判所が第一審としての専属的な管轄権を有するものとする。